旅行・ホテル

初めての海外旅行 入国編

初めての海外旅行楽しみと同時に日本語が通じない国もあり、かといって英語や旅行先の言葉がわからないことに不安を感じていませんか?

飛行機を降りたらそこはもう日本ではなく別の国です。しっかりと準備をしていかないと入国時に知らない言葉で話しかけられテンパってしまう。なんてことにならないようできる限り予習をしていきたいですよね?

スタートからつまずかないようにしっかりと準備をして楽しい旅行をスタートできるように日本を出発して旅行先空港についてやることなどを順を追って解説していきます!

さあ楽しい旅行に出かけましょう!

日本出発時の流れはこちらの記事で解説しています。

初めての海外旅行 入国編

旅行先空港到着時やることリスト

  1. 入国カードや税関の申告書の記入
  2. 人の流れについていく 
  3. 入国審査
  4. 預け荷物のピックアップ 
  5. 税関申告書の提出 
  6. 楽しい旅行のスタートです

飛行機の中でトイレを我慢していたり到着後すぐにトイレに行きたくなってしまった場合

降りた場所の一番近くのトイレが混雑していたら並ばずに別のトイレを探しましょう!空港はかなりたくさんトイレがあるので別の場所を探した方が早いです。特に女性

機内で行うこと

入国カードや税関の申告書が配られたら記入しましょう。

パスポート番号 搭乗している飛行機の情報 滞在先のホテル名・電話番号

これらの情報を携帯の写真で保存しておくとスムーズに記入ができます。

航空会社によって変わりますが出発前に配ってくれるところと出発してから配るところと違いがあります。

LCCなどは配られないことも?配られなかった場合は空港に必ずあるので到着後記入すればOK

入国カード書き方

入国カード
入国カード

参考画像は私が韓国に行った時のものです。

全て現地の言葉か英語で記入します。

記入すること 国により多少違いあり

  1. 性・名 TANAKA TARO
  2. ご自身の性別にチェック パスポートと一致させてくださいね 
  3. 国籍 JAPAN
  4. 生年月日 西暦で記入 
  5. 職業 OFFICE WORKERなど 
  6. 次が滞在先の住所 ホテルの名前とホテルの電話番号を記入すればOK
  7. 入国の目的のところにチェック 
  8. 署名 パスポートに記載した署名

頑張って説明したのですがググってみたらJALさんの公式サイトに国別の記入方法の例が載っていました。国別出入国カード記入例

税関申告書の記入方法

税関申告書
税関申告書

こちらは家族であれば代表者1名のみ記入、それ以外は1人1枚記入が必要

上の写真は私が韓国に行った際の税関申告書、日本人が多く渡航される場所なら日本語で記載された申告書があるかと思います。

こちらも基本的には英語で記入しましょう。

  1. 名前 
  2. 生年月日 
  3. パスポート番号 
  4. 職業 
  5. 旅行期間 
  6. 旅行目的 
  7. 搭乗していた便名 
  8. 同伴家族の人数 
  9. 韓国に入国する前に別の国にいっていた場合は記入 
  10. 旅行先のホテル名 
  11. 電話番号 

そのほかは基本的にチェックを入れていくだけなので簡単です。

また韓国の場合なのか私がいったときだけなのかわかりませんがただ渡すだけで、確認もしていませんでした笑

旅行先空港に到着後

空港に到着したらまず連絡手段を確保しましょう!

Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は接続してみて通信が行えるかをチェック!ついでに家族の方などに到着の連絡を入れてあげると家族の方も安心するので通信チェックがてら連絡しておきましょう。

GOLOBAL WiFi

入国審査

こちらは国によって違いが出てきてしまうと思いますが、顔写真を登録したり指紋を登録したりするかと思います。

これがまた怖かったです。初めての入国審査時担当の方がかなり無愛想で早口だし外国語だしで少し手間取ってしまいました。手間取った原因は顔写真を撮るのでメガネを外すして取らないといけないのですが私がそれに気づかず怒られるって感じです。

これも一つのいい経験ですね。

利用するもの 

  • パスポート 
  • 入国カード 
  • 強い心

預け荷物のピックアップ

入国審査が終わると次は預けた荷物を受け取ります。

預け荷物ピックアップ

こんな大きなベルトコンベヤーでたくさんの荷物が出てきます。

搭乗している便によって出てくるところが違うので注意、近くに大きな電光掲示板があるのでそちらでどこから出てくるのかを確認できます。

写真を取り忘れる痛恨のミス・・・

これが意外と時間かかります。キャリーケースが目立たない場合は目立つようにしておくと発見しやすいのでおすすめ!

荷物を無事受け取ったら税関の申告書を提出しこれで晴れて正式に入国です!

楽しい旅行のスタート

まとめ

出国時よりもやることはかなり少ないのでそこまで意識することはないですね、ただ初めてだと不安になるので心配してしまいますよね。

なので入国時に注意するべきことは入国カードと税関申告書の記入方法を抑えておくのと空港から次の目的地に移動する手段などを事前に調べておくとスムーズに旅がスタートできますよ。

ブログランキング
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です